フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2019年 6月28日
『引きこもりの日々』

6月9日にディスクユニオン大阪クラシック館のイベントで、「フルートのこだま vol.2」を紹介して下さる事になり、発表会後から「フルートのこかげ vol.2」も合わせて、引きこもり練習体制にはいる。

ディスクユニオンでは、常連客をはじめ今まで接していなかった方々に、聴いて頂く良い機会になる。12人ほどでしたが、『初めて生でフルート聴きましたが、哲学的な音で難しくて…』との質問が出る。

1枚目の「フルートのこだま」は、聴き易くフルートらしい曲だったので、無伴奏の方はこんなこともフルートでもできますよと選曲したものでと応答するが、ジョリヴェ、武満、ココペリを耳にされたらそう聞こえるかなと。

別の方は、『心に受け止めたものを、家でじっくりり味わってみます。何しろ初めての体験ですからと』どちらもご年配の方々でした。後でお礼に伺ったら、『イベント過去最高の盛上りでした』と、質問が出たりサイン会もありと喜んで下さっていて、こちらは驚く。

面白かったのは、ちゃんと席が用意されているにも関わらず、常連客の方々は店の本棚の後で隠れて聴いてらして、CDを買って下さる時に姿を現され、紹介を受けたのですが、なんだかクラシックファンの方のシャイな感じが出てるなあ〜と。

その後は、家の夕食の用意はお弁当を取ってもらい、義務から解放され、どこか心軽く、昼食と夕食の食料を買い込み、7月6日に向けて、スタジオにこもる本格練習にはいる。

前日に気付いた事から、練習が重なっていくようで、なんだか楽しいんです。 3月、4月と体調がすぐれなかったのは、血液検査の結果、たんぱく質、栄養が足りていなかったようで、忙しさにかまけてなおざりにしていた食事をしっかり取り、衰えてしまった筋力も鍛えつつ、ボディ・マッピングと音を出しての練習と励んでおります。

7月6日(土)、午後6時から大阪倶楽部4階ホールにて催しますので、「発掘良品」心地良い曲ばかりですので、どうぞご来聴下さいませ。 9年ぶりに咲いたサボテンのように、大輪の花を咲かしたいものです。(詳細はコンサート案内を御覧下さい)


 

<バックナンバー>

2019●6月5月4月3月2月1月

201812月11月10月9月8月7月6月5月4月3月1月

2017●12月11月10月9月8月7月5月4月3月1月

2016●121110987654321

2015 ●121110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.