フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2018年 12月30日
『クリスマスコンサート』

ご報告が、遅くなってしまいましたが、フルートアンサンブル リップルMによるクリスマスチャリティーコンサートは、12月22日に無事に終えました。

今回は、映画音楽などのアレンジ物も演奏したのですが、やはり好評でした。

また、最後にご来聴の皆様と、楽器をお持ちの方々は、メンバーと一緒に、ない方々は歌で参加して頂いて、「もみの木」「きよしこの夜」を大合奏するのが恒例ですが、アンケートに初めての方から、『参加型の演奏会って良いですね。』のお言葉も頂きました。

東日本大震災の遺児支援の「ももかき育英会」に寄付するため始めたこの会も8回を迎えましたが、出演者は交通費のみのボランティアなのですが、演奏会はなかなか黒字にならなくて、今回も演奏会当日に頂いた義援金、國生義子先生、平本悦二氏、岡田毅氏からお寄せ頂いたお金を合わせて、26909円を確かに寄付させて頂きます。

今年は、地震、台風と自然の猛威を感じる機会が多く、平和な日常が簡単に崩れる恐さを思い知らされました。遺児達はどんな思いでこの7年を生き抜いて来たかと思うと、10回を迎えるまで、なんとか続けて行きたいと思っております。

 

2018年 12月12日
『大移動』

今日は、石山高校の3年生の卒業演奏会兼後期実技試験日。いつもは学校のホールで催されるのだが、修理中で、幸運なことにびわ湖ホール小ホールでの開催となる。

まず腹ごしらえと、目の前いっぱいにびわ湖を望めるホールレストランに入ると、大きな虹が掛かっていて、思わず写真を撮る(左端の雲と湖面の間に、微かに写っているのですが…)。

なんだか生徒さん達の良い演奏が聴ける期待に、心が膨らむ。額縁が良いと絵が映えるのと同じで、ホールの良い響に助けられ、3年間の勉強の成果が実る演奏が続く。

担当の二人の生徒達も、しっかり実力を発揮した演奏で、ほっとする。毎年このホールでの開催を、願いたいほど…。

そして、滋賀、大阪、兵庫の3県をまたいで大移動、KOBEルミナリエを初めて見に行く。上田益さん作曲のルミナリエの音楽の録音のお仕事を、毎年させて頂きながら、この時期は忙しく行けず、20年の記念の年にこそと、今日しかないと敢行する。

と言っても、膳所から神戸元町まで、1時間半座ってJRに揺られていただけなんですが…。

元町から大勢の人達と一緒に30分歩いてたどり着いたルミナリエは、本当に目を見張る美しさだった。

そして光に包まれた会場いっぱいに流れる音楽が、荘厳さをかもし出し、神戸大震災の追悼の想いが込み上げてくる。あの音楽が、こんな風に聴かれ、これほどの人達の心を動かしていたのかと、上田作品の素晴らしさとともに、音楽の力、働きを思う。

もし、ここに音がなければ、ただの綺麗な光のトンネルでしかない。クリスマス時期に、駅や商業施設に設置される物と変わらぬ、ただ規模が大きいだけのものになるのではと…。

道いっぱいに広がりながら、小さい子供さんも交えた途切れぬ穏やかな人の波が、これほど押し寄せる催しにならなかったのではと思う。


 

<バックナンバー>

2019●1月

201812月11月10月9月8月7月6月5月4月3月1月

2017●12月11月10月9月8月7月5月4月3月1月

2016●121110987654321

2015 ●121110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.