フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2017年 1月27日
『二組のご夫妻』

バタバタと日を過ごし、気付けば、もう1月も終ろうとしている。

12月の心配事も、弟も友人も退院、焼け出された方も新しい住まいに移られ、落着となったものの、風邪を引いたり、わが身の体調が思わしくない。

でも、石山高校の帰りに建部大社にお参りに行ったり、太融寺さんの年一度ご開帳のご本尊千手観音を拝見したり、展覧会も二回訪れる。

まず、京都市立美術館の「日展」に、日本画の北野治男さんの作品を、拝見に行く。もう30年ほどのお付き合いになるが、また新境地を開いてらして、その世界に吸い寄せられるように、何分も眺めてた。

深い森の中を流れる川面に、得も言えぬ色合いの淡い霧が立ち込め、その上を白い鳥が、その先にある玄い闇を目指し静かに飛んでいる『幻影』。ひんやりとして音もなく、風も吹いてない世界、風景画であって風景画でない世界が広がっていた。昨年は、体調を崩され休まれていただけに、その精神力に頭が下がる。

そして、同じく出展なさっている染色家の奥様の作品を拝見すれば、こちらも地中の「せみ」を描き、新たな世界に踏み出されている。電話で羨ましいと感想お伝えしていたら、北野さん『いつも何かとしゃべっているしなあ〜』と…。

そして、現代美術の野村久之先生と奥様の二人展にもお邪魔する。野村先生のは、80歳を越えられているとは思えない、和紙や針金も使って、色使いがとても明るい画面から飛び出る半立体の、ポップでいて、内容は重たい作品。弾む心そのもののエネルギーが、伝わってくる。

奥様のはるみ先生の日本画は、水辺の動植物を描いた作品が多いのですが、拝見していると、なぜか画面から『幸せ感』が漂ってくるんです。もう70歳は越えてらっしゃるはずなのに、世間ずれしていない乙女の薫りがする。久之先生に、しっかり抱き止められていらっしゃる感じがするんです。本当に羨ましい。

高め合う二組のご夫妻を目の当たりにし、今更ながら独りぼっちの寂しさ増す。 と言いつつ、昨日は、らふらんすの新年会が祇園の料理旅館であり、メンバーの所にフランスから版画彫りの修行に来ているカップルも参加、22人ほどで、お鍋を囲みワイワイ祝う。

 

2017年 1月10日
『慌ただしい新年』

昨年のクリスマスチャリティーコンサートの折には、大勢の方々にご参加して頂き、有難うございました。

ご報告が遅くなりましたが、当日の義援金54622円と、作曲家植松さやか氏からの3000円を合わせ、57622円を桃・柿育英会(東日本大震災遺児育英資金)に寄附させて頂きました。ご協力、ありがとうございました。演奏会の収支は、またご報告させて頂きます。

去年の12月は、散々な1ヶ月だった。弟、知人、友人の色々な事故の後も、26日に母が家で転倒、肋骨を1本骨折、そして締めは、大晦日に私自身が転び、右手の薬指、小指を逆向きに曲げながら一回転、鼻じゃなくて唇の上を擦りむく。ああこれが捻挫なのかと体感、よほど鼻が低いんだと自覚する。

この煽りで、正月の準備が遅くれ、TVの「ゆく年くる年」を聞きながら、筑前煮、栗きんとんを作るが、きんとんがうまく練れない。その後も気になる事どもをしていたら、空が白んで来て、有り難い事に初日の出を仰いでからの就寝となる。

3日は、恒例の友人夫妻との住吉大社への初詣。おみくじ引いて、射的して(5発命中、獲得商品3個)、たこ焼食べての、いつものコース。おみくじ小吉ながら、歌占いは、偶然にも昨年と同じ17番、枯れ木にも花が咲くの吉が出る。

4日は、弟の車で母初詣が例年の習わし、しかし今年は敵わず、近所の伊射奈岐神社に、私が車椅子を押して連れて行く。

ひとつ谷越えた所にあるので、40分ほどかかりたどり着けば、お宮には45度ほどの急斜面を登らねばならず、うんうんやっていたら、ご夫婦連れのお髭のご主人が、『僕が、やりましょう』と登らせて下さる。

下りは、私の腰に掴まってもらって、いち〜にい〜と一歩づつ降りてたら、『お荷物、持ちましょう』と初老女性が、『僕が、背負いましょう』と中年男性が、声がけして下さる。右側を抱えて頂き、私が左側を、奥様が、『93歳、お元気ですね!』と励ましてくださりつつ、無事降りる。

5人の方々に助けられての初詣、『本当に有難い話で、無病息災で居ないといけないね。』と、母は感謝すると共に心したよう。


 

<バックナンバー>

2017年112017年102017年92017年8
2017年7
2017年52017年42017年32017年1

2016●12
1110987654321

2015 ●12
1110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月
3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月
10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月
5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.