フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2015年 8月16日
『夏休み』

今年は、4日連続の夏休みが取れる。どこかゆったり気分で、いつも通っている道なのに、野花やせわしげに蜜を吸う蜂に、目が止まる。

普段できない大きな物の買い物や、父の本の整理に日が過ぎる。

面白い本が色々と、土門拳写真集や、夏の花の図譜とか、なんと昭和44年8月15日アサヒグラフ緊急特集号「人類 初の月着陸」まで出てきて、つい見いるので時間が掛かって掛かって…。明治45年生まれの父にすれば、本当に信じられない事だったんだろうなあ〜…と。

興味深かったのは、戦後70年ではなく、戦後50年記念の別冊太陽「若者の顔 1945-1995」、現在京都芸大学長の鷲田清一先生が、写真家金子隆一氏と構成なさったもの。写真も両氏の対談も、アイドル論等の文章などもとても刺激的だった。

デザインの参考にしたのか、動物、植物の図鑑が何冊もあり、10冊ほど図書館に寄贈する。

秋のコンサートのプログラムもきめ、こちらも練習の目処を立ててと、忙しく日が過ぎてしまう。

「フルートのたのしみ No.34」は、大前哲先生の「ノン トラモンティ クエスタ パッシオーネ」、池辺晋一郎氏「沈黙…どこやらでほととぎす」、リーバーマンのソナタ、ダマーズの「ペイザージュ」など1990年代の作品を中心に取り上げます。

11月3日、文化の日の3時からムラマツリサイタルホールにて催します。 まだまだと思っていたら、たった3カ月後。暑さになんか負けてられません。
(詳細は演奏回案内をご覧下さいませ)

 

2015年 8月3日
『初体験』

まだあった初体験!

先日、高校の同窓生の方が組んでらっしゃるバンドのコンサートを聴きに、初めてライヴハウスに足を踏み入れる。

今宮高校軽音学部の流れのまま活動を続けてらっしゃるフォークバンドRainy Blueと、東京のバンド the KENTのジョイントコンサートが、なんばのANOTHER DREAMであったのですが、ほぼ同年代のお客さんで満席で、つなぎのお話も面白く、ほんとにノリノリで楽しみました。

レイニーブルーは、眼鏡会社の社長さんの別の顔をもつ小島さんが作曲なさるオリジナル曲を演奏なさったのですが、ほんとに良い曲ばかりで、また、演奏中のメンバーの顔が、生き生きと良い顔をしてらして…。

なにしろ一緒に行った友人が、かぶり付きの席を取ってくれたので、 メンバー全員の細かい表情まで見れて、皆さんお仕事の場とは違う表情なんだろうなあ〜と思いつつ、楽しそうな様子がこちらまで伝播しました。

大阪みなみ庶民文化のメッカなんば千日前の地だから、「郷に入っては郷に従え」で"おおさかのオバチャン"のノリで手拍子やら合いの手を入れていたら、ケントのメンバーがエッグシェーカー配って下さって、客席から伴奏に参加したり、遅まきながら青春気分味わってきました。


 

<バックナンバー>

2017年112017年102017年92017年8
2017年7
2017年52017年42017年32017年1

2016●12
1110987654321

2015 ●12
1110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月
3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月
10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月
5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.