フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2015年 11月25日
『紅葉』

11月3日に、無事「フルートのたのしみ」34回を終えた後も、神戸ルミナリエの音楽の録音、京都松ヶ崎の松雲荘での「和室でフルートをたのしむ」としたソロコンサートと、気が抜けない日々が続く。

今回の「たのしみ」は、1990年代の作品が主だったにも拘わらず、『色々な音楽があって、おもしろかった。あんな音も出せるんですね。』と好評でした。

特に大前先生の「ノン・トラモンティ・クエスタ・パッシオーネ」は、『凄い迫力のある曲で驚いた。』との声が多く寄せられました。即興演奏的要素の多い曲も多かったのですが、伴奏の砂原悟さんに触発もされ、大いに助けて頂きました。

どこかで節目と感じていた演奏会、現代美術の重鎮野村先生から『まだ、行けるぜ!』と言って頂け、ほっとする。

重荷を下ろした後は、仕事の間をぬって、奈良へ正倉院展を見に行き、石山高校のレッスン前に石山寺に詣り、染まりはじめた紅葉を楽しむ。

しーんと静まりかえったお庭の奥に、木々に囲まれた小さな池があり、その中に本当に小さなお社がある。そこに佇んでいると、無性に大前先生の「消えざる情熱」が吹きたくなる。僧がお経をあげていると龍が出たという「八大龍王社」に、日を改め奉納演奏しに行く。

音を出すと、水面に反射、木々にこだまし良く響き、鳥が啼いて答えてくれた。でも、神に献げていても、皆様に聴いて頂いている時の、集中には至らない。演奏会で聴いて頂ける事の有り難さを、改めて知る。

風に吹かれ、せせらぎ、鳥と対話していると、自らの雑念の多さにも気付かされる。


 

<バックナンバー>

2017年112017年102017年92017年8
2017年7
2017年52017年42017年32017年1

2016●12
1110987654321

2015 ●12
1110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月
3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月
10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月
5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.