フルーティスト 水越典子 ウェブサイト


レッスンのひらめき

演奏会には出てると言われる“水ぶー”(学生時代のあだ名)らしさを、このホームページでも…。
普段着姿の気まぐれ日記です。


 

2015年 9月23日
『連休』

今年は、飛ぶように日が過ぎる感じがする。8月のお盆休みから一足飛びにシルバーウィークになり、それも終る。

振り返れば、浜松でのフルートコンベンション、近鉄文化サロンの生徒さん方の発表会、学生コンクールの審査、そして石山高校の生徒さん達の初めての実技試験と、心を傾け動かすことの連続だった。

収穫の多かった今回のフルートコンベンション、特に嬉しかったのは、神戸で活躍したリップルフルートアンサンブルM2トリオ、六楽内、河野、大瀬さん方がアンサンブルコンクールで金賞を頂いた事。やっぱり生徒さんが活躍して下さるのが、一番嬉しい事ですね。

この連休は、スタジオに籠もりきりで、11月のリサイタルの練習。昨年は、いま使っているウエサワフルートNo.7の出産に立会いに、ミュンヘンの植澤さん宅に滞在して、名古屋、東京からの同行の氏と、ザルツブルクに遊んだりしていたのに、なんだか何年も前の事のよう。

でも、スタジオでひとり音楽にフルートに向かっている時が、一番ほっとする時間。今日もゆっくり大前先生の「ノン・ラモンティ・クエシタ・パッシオーネ」に向かっていたら、気付けばもう日暮れ時、窓越しにバラ色の雲がビルの間に棚引いているのが見える。あまりに綺麗なので、慌ててスタジオから地上へ降りる。

ヴィラ・ロボスのブラジル風バッハ5番で歌われているごとく、太陽がアスファルトに覆われた街をバラ色に染めながらゆったりと見えぬ姿をどこかに沈めているよう。地球の大きな営みの中に生かされているのを実感。


 

<バックナンバー>

2017年112017年102017年92017年8
2017年7
2017年52017年42017年32017年1

2016●12
1110987654321

2015 ●12
1110月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2014●12月11月10月29月8月7月6月5月4月3月2月1月

2013●12月11月10月7月6月5月4月
3月2月1月

2012●12月11月10月8月7月6月5月4月3月2月1月

2011●12月11月
10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月

2010●12月11月10月9月8月7月6月
5月4月3月2月1月



 
リンクお問い合わせ
Copyright (c) 2006 Love Flute All Rights Reserved.